ふくえもん(.me) Webマーケティング日記

ふくえもん(.me) ITのビジネスモデルを分析

*

Amazon 本買取サービスを開始 1冊から無料集荷という驚異的な仕組み

      2015/07/22


買い取り価格を事前にWebサイトで確認

Amazonが6月3日(水)から「Amazon 本買取サービス」を開始いたしました。
コミック、和書、洋書などの100万タイトルの買取価格がAmazonのサイト上で事前に確認でき、1冊から無料で集荷してくれます。

amazon-tradein3

 

Amazon 本買取サービスの特長

・本1冊からでも無料で集荷

・売りたい商品の買取価格を事前に確認出来るので安心

・査定後、万が一買取が成立しなくても、配送料無料で返送

・過去にAmazonで購入した商品なら、最大買取価格を一覧で表示

・買取代金はAmazonギフト券にて24時間以内にアカウントに付与

スポンサーリンク

 

何が驚異的って全部が凄い。そもそも本1冊から無料で自宅まで集荷に来て、仮に買い取りが出来なかった場合でも無料で返送してくれる。

10円のモノを無料で集荷に行きます!ってビジネス、普通の会社の会議で提案したら笑われて終わりです。

ブックオフのビジネスモデルが崩壊の危機

ブックオフも自宅まで出張買取に来てくれるサービスはあります。

しかし買い取りにはいくつか条件があり、それなりにハードルが高いです。

スポンサーリンク

・本の買い取りは20冊以上から

・買い取りが成立しなかった場合、返送に送料がかかる

・支払いまでの日数 1〜2週間

BOOK OFF買い取りサービス

 

店舗まで本を持っていけば1冊から買い取ってもらえますが、買い取り価格はそれなりに人気のある本でも10円が普通です。

100円以上の値段がつくのは、新刊の人気コミックぐらいです。

ブックオフの買い取り価格が一律で安いのには2つの理由があります。

 

・新人アルバイトでも査定がその場で行えるようにする

・タダ同然の買取価格 それでも捨てるよりはマシと売る人が多い

 

ブックオフに行くと、立ち読みしている人だらけで本を買う人をほとんど見ないですが、仕入れ値がタダ同然で食品などとは異なり廃棄ロスも発生しないのが今までビジネスモデルが成り立っていた理由です。

スポンサーリンク

全ての面で上回っているAmazonのサービスの登場で、ブックオフへ本を売りに行く人が減るとどうなるでしょうか。

市場に出回っている本の流通量は限られているため、本の仕入れが少なくなるとビジネスフローそのものが成り立たなくなってしまいます。

 

6/30まで 3商品買取で500円分ポイントプレゼント中

現在Amazonでは、3商品以上の買い取りが成立した場合Amazonポイント500円分プレゼントするキャンペーンを行っています。

対象は、本だけでなくCDやDVD、テレビゲームなども含まれます。

amazon-tradein2

 

 

まとめると

今までもマーケットプレイスなど中古本を売買するシステムはありましたが、古本屋などの企業が店舗と併売するために利用されることが一般的でした。

マーケットプレイスでやりとりを行う場合、C to Cになるため売り手側に信頼性と手間が必要でした。

 

自分自身、売りたい本があってもダンボールや緩衝材を用意して、住所のラベルを印刷して郵便局に持っていくことを考えると、その時間と手間が利益に見合わないと考えていました。

セドリなどそれを生業として本格的にやっていくのなら別ですが、普通の人にはハードルが高かったと思います。

 

これが出来るのは、まさにAmazonだからと言えます。

買い取り代金はAmazonポイントで付与されるため、消費者はAmazonに売った金額をAmazonで使うことになります。

 

Amazonで本を買い、Amazonに売り、Amazonポイントでまた本や日用品を買う、というAmazon経済圏で全てが成り立つ構造です。

品揃えが幅広く、かつ料金も一般の店舗より安いためAmazonのポイントは現金と同価値とも言えるので消費者にとってデメリットもないです。

赤字覚悟でひたすら拡大を進めるAmazonならでの経営戦略です。

 


 - Webマーケティング, Amazon

follow us in feedly
Facebookコメント

  関連記事

fr-amazon
Amazonダッシュボタン最速レビュー まさかの日付指定不可だった!

Amazonが12月5日に、食品や日用品を注文できる小型端末「アマゾンダッシュボ …

rakuten amazon
Amazonより楽天のほうが安いもの

日本で巨大ECモールと言えば、日本では「Amazon」と「楽天市場」の2つが誰で …

入力フォームに「必須」「任意」両方のラベルをつけるだけで、コンバージョン率が上がる

ECサイトの購入フォーム、資料請求フォーム、お問い合わせフォームなどの入力フォー …

facebook2005
IT業界で「10年前」に流行っていた7つのモノの「現在」

2005年のIT業界と2015年のIT業界を比較 その時代の移り変わりの速さと変 …

amazon-login-payment2
楽天市場を抜け出して、自社ECサイトを運営するためのサービス

「Amazonログイン&ペイメント」で自社ECサイトの弱点を解消   …

facebook-social-login
「友達の情報まで提供するFacebookアプリ」を削除する方法

プライバシーは自分だけの問題ではない   Facebookを利用してい …

facebook-legacy-account3
Facebookで「死んだらアカウントを削除」と設定する方法

先日の記事でFacebookで「追悼アカウント」を設定する方法を紹介しましたが、 …

facebookserver
Facebookのサーバーが落ちた日 10億人以上に影響

本日15時10分〜16時10分までの約1時間、Facebookにアクセスが出来な …

nakano-broadway2
Google翻訳の「リアルタイム カメラ翻訳」を中野ブロードウェイで使いまくってみた

Google翻訳アプリがアップデートされ、スマートフォンのカメラで映したテキスト …

lineat4
「LINE@」と普通の「LINE」はどう違うのか?

2月12日、「LINE@」という新しいアプリがリリースされました。 今までのプラ …