ふくえもん(.me) Webマーケティング日記

ふくえもん(.me) ITのビジネスモデルを分析

*

【注意】「ilovevitaly.co」と「forum.topic55647071.darodar.com」 ロシアよりスパムをこめて

      2015/07/22


リファラースパムにご注意を!

ここ数日Google Analyticsを見ていると妙なことに気づきました。

なぜかロシアからのアクセスが日本と同じくらいあるのです。

住んだことのあるフィリピンやアメリカならともかく、Facebookでもロシアの友人はいないはず・・・というわけで調べてみました。

referral spam

 

まずはこの2つのドメイン、「ilovevitaly.co」「forum.topic55647071.darodar.com」のWhois情報を調べてみました。

spam3

spam4

はい、2つとも同じIPアドレスですね。

この時点でスパムの臭いがプンプンします。

怪しい臭いがするからこそアクセスしたくなるものです。実際にサイトを見てみました。

スポンサーリンク

スパムサイトの中身

「ilovevitaly.co」

spam5

そこには綺麗な海岸が広がっていました。

というのは冗談として、作りかけのポータルサイトのようでした。ちょっとBingにデザインが似てるなと思いました。

Microsoftさん、ごめんなさい。

 

このサイト、どれくらいアクセスがあるか、similarwebで調べてみました。

similarweb.comというのは、本来サイトの管理者しかわからないアクセス数や滞在時間などを調べること出来る、イスラエル発の便利なサイトです。

spam7

1ヶ月間で、34万アクセスという素晴らしい数字でした。

きっと一見おかしなサイトですが、一部に人にとって有用なサイトで人気があるのでしょう。

 

そんなわけなくて、恐らくリファラースパムと呼ばれるものですね。

スポンサーリンク

まずスクリプトかなにかで大量のサイトにアクセスすることによって沢山のサイトに足あとを残します。

するとサイト管理者は、Google Analyticsで参照元を見て、大量のアクセスがある参照元を見るととても気になります。

そこで思わずそのサイトに訪問することによって、結果としてこのアクセス数を稼ぐことに貢献してしまっているのです。

まさに、自分の今の行動がそうです。相手の思う壺ですね。

 

この際なので、もう1つのサイトも見てみました。

「forum.topic55647071.darodar.com」

spam8

リダイレクトされて、ECサイトに飛ばされました。

サイトをよく見ると、中国最大のEC運営会社である「アリババ」のECモールでした。

今年の9月に米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場し、時価総額にして25兆円の値がついた企業です。

スポンサーリンク

ソフトバンクがアリババへの投資によって、8兆円の含み益を得たことで日本でも話題になりました。

 

スパムの正体は巨大企業アリババだった!・・・ということではなく、これはアフィリエイト狙いのスパムですね。

URLにアフィリエイトの文字列が組み込まれているので、もしこのサイトで買い物をした場合、スパム送信者に一定のアフィリエイト収益が入る仕組みです。

 

サイトにアクセスすることによって、スパイウェアを仕込まれたりウィルスに感染したりすることはなさそうですが、念のためこれらのサイトにはアクセスしないことをオススメします。

(追記:2015年1月1日に続報記事を書きました)

 


 - Webマーケティング, SEO ,

follow us in feedly
Facebookコメント

  関連記事

curation
「キュレーション」と「まとめサイト」の違いは?

「キュレーション」の語源は?     数年前からインターネッ …

nakano-broadway2
Google翻訳の「リアルタイム カメラ翻訳」を中野ブロードウェイで使いまくってみた

Google翻訳アプリがアップデートされ、スマートフォンのカメラで映したテキスト …

Facebook AD test by Country! Japan, Philippines, United States

Difference in the Value and Price of Fac …

NewsPicksイベント、感想ピック

(更新しました) 本日5月16日(月)にNewsPicks本社にて開催されたイベ …

mangabox-1
『マンガボックス』アプリが『広告ボックス』になってたワケ

マンガアプリビジネスの実情 「マンガボックス」とは、DeNAが2013年12月か …

amazon-trading
Amazon 本買取サービスを開始 1冊から無料集荷という驚異的な仕組み

買い取り価格を事前にWebサイトで確認 Amazonが6月3日(水)から「Ama …

facebook-legacy-account3
Facebookで「死んだらアカウントを削除」と設定する方法

先日の記事でFacebookで「追悼アカウント」を設定する方法を紹介しましたが、 …

amazon-login-payment2
楽天市場を抜け出して、自社ECサイトを運営するためのサービス

「Amazonログイン&ペイメント」で自社ECサイトの弱点を解消   …

fr-amazon
Amazonダッシュボタン最速レビュー まさかの日付指定不可だった!

Amazonが12月5日に、食品や日用品を注文できる小型端末「アマゾンダッシュボ …

search-engine-optimization
【SEO業者対策】 モバイルフレンドリーアップデート編

昨日Googleの公式ウェブマスターブログで報告されたように、Googleの検索 …