ふくえもん(.me) デジタルマーケティング備忘録

ふくえもん(.me) Web、SNS、AIなどのビジネスをデジタル視点から分析

*

【データでみる】プロ野球人気球団ランキング 2021年最新版

      2021/09/01


日本プロ野球の12球団のうち、人気のあるチームはどこなのか? 逆に人気のないチームはどこなのか?

自分が贔屓にしているチームはどれくらいの順位なのか?

 

様々な調査報告やランキングを掲載しているページも多くありますが、母数の少ない調査内容であったり主観に基づくものなどをランキング結果はバラバラです。

そのため本記事では、人気を定義する複数の要素から複合的にポイント化して、かつ主観の入りにくい信頼性の高いデータをもとにプロ野球12球団の人気ランキングを紹介します。

 

人気チームの定義は?

まずはそもそもの問題として、人気がある、ないをどのように定義するのかから整理します。

 

・観客動員数(※収容率)

・第三者機関による調査結果(複数)

・球団別SNSアカウントの登録者数

 

本記事では上記の3つをもとに人気度を定義、数値化します。

これらを指標としてした理由を1つずつ説明致します。

 

観客動員数(収容率)について

人気度を定義するときにわかりやすい指標の1つが観客動員数です。しかしこれだけ定義した場合は問題があります。

まず各球団が本拠地としている球場はそれぞれキャパシティーが異なります。4万人以上収容出来る球場もあれば、3万人程度しか収容出来ない球場もあります。

 

そのため、同時に収容率も見ていきます。収容率とはキャパシティーに対してどれくらい動員があったかを示す数値で、4万人上限に対して3万人の動員があれば「75%」、3万人上限に対して28,000人の動員があれば「93%」となります。

 

しかし収容率だけみた場合も同時に問題があります。

上述の例のように3万人上限に対して28,000人の動員して「93%」の収容率を記録しているチームが、仮に本拠地の収容人数を4万人に増やした場合、収容率そのままに動員数が増えて「収容率93%、動員数37,200人」となる、と考えるのは机上の空論です。

もしそのように都合よく動員数が増えるならどの球団も10万人以上収容出来る球場を建設するでしょう。

 

スポンサーリンク

 

そのため本記事では観客動員数という数と、収容率という率の2つをかけ合わせる、と考えたのですが1つ大きな問題があり収容率は断念しました。

収容率を公表しているサイトはいくつかありますが、これらの数値は地方開催を考慮していないのではっきり言うと「データとして誤り」です。

どのサイトも「総観客動員数/ホームゲーム試合数」で1試合あたりの動員数を算出し、その後本拠地の収容数から収容率を算出しています。

 

しかし実際には各チームとも本拠地以外の球場で一定数試合を行います。

例えば読売ジャイアンツは年間72試合のホームゲームのうち、毎年10試合程度を地方球場で開催します。

本拠地の東京ドームはキャパが4万6000人ですが、地方球場は2万人程度の収容上限です。

そのため地方開催分も本拠地のキャパをベースに割るのは誤りなのですが、NPBの公式サイトでも1試合ごとの収容率は公表されていません。

そのため収容率は誤った数値となってしますので、観客動員数だけで算出します。

 

2020年は新型コロナウイルスの影響で無観客、人数上限などタイミングによってホームゲームの動員に差がありデータとしては参考にならないため、2019年の数値を参照します。

 

第三者機関による調査結果(複数)

様々な機関、メディアから人気チーム、不人気チームの調査結果は発表されていますが、例えば特定の球団と資本関係がある、子会社、ローカル局による地元調査など特定のチームに肩入れする調査内容を恣意的に作成しているところもあります。

そこで今回はそういった調査会社ではなく、第三者機関の調査結果をもとに数値化します。

しかしそれでも1つだけだとその調査機関による結果に依存するので複数から総合化します。

 

球団別SNSアカウントの登録者数

ファンを定義する場合、すべてのファンが球場に足を運ぶわけでも調査機関の調査を受けているわけではありません。

むしろプロ野球のように広範囲にファンが広がっているスポーツは、球場に一度も行ったことがないけどテレビやネット放送で応援している遠いからたまにしか球場には足を運べないけど熱狂的なファンもいます。

そこで各球団が公式で運営しているSNSアカウントをもとに登録者数、フォロワー数を数値化します。

登録者数=人気とは一概に言えない部分もありますが、観客動員数と対極的な指標として組み合わせることにより偏りのない結果を示すことが出来ます。

 

スポンサーリンク

日本でメジャーなSNSといえば、Twitter、Instagram、YouTubeなどですが懸念点として特定のチャネルでは球団公式のSNSがないものもあります。

本来なら3つのSNSの合算でポイント化したかったのですが、それだと特定のチャネルで公式アカウントを持っていない球団が不利になってしまいます。

そのため、ここではすべての球団が公式アカウントを持っているYouTubeをもとに算出します。

 

それではこの3つを複合的に数値化した人気球団ランキングを12位から順にみていきます。

 

スポンサーリンク

 

12位: オリックスバファローズ

 

合計:28.1 ポイント

観客動員数 調査機関 SNS登録者数
11位:17.3 pt 12位:2.5 pt 11位:8.3 pt

 

11位:千葉ロッテマリーンズ

 

合計:33.1 ポイント

観客動員数 調査機関 SNS登録者数
12位:16.6 pt 11位:4.3 pt 6位:12.2 pt

 

10位:埼玉西武ライオンズ

 

合計:33.1 ポイント

観客動員数 調査機関 SNS登録者数
10位:18.2 pt 10位:5.7 pt 9位:9.2 pt

 

9位:東北楽天ゴールデンイーグルス

 

合計:35.8 ポイント

観客動員数 調査機関 SNS登録者数
9位: 18.2 pt 7位:8.7 pt 10位:8.9 pt

 

 

8位:東京ヤクルトスワローズ

 

合計:36.7 ポイント

観客動員数 調査機関 SNS登録者数
8位: 19.5 pt 9位:6.9 pt 8位:10.3 pt

 

 

7位:広島東洋カープ

 

合計:41.2 ポイント

観客動員数 調査機関 SNS登録者数
6位: 22.2 pt 4位:13.5 pt 12位:5.5 pt

 

 

6位:中日ドラゴンズ

 

合計:46.4 ポイント

観客動員数 調査機関 SNS登録者数
4位: 22.8 pt 6位:12.0 pt 7位:11.6 pt

 

 

5位:横浜DeNAベイスターズ

 

合計:46.9 ポイント

観客動員数 調査機関 SNS登録者数
5位: 22.8 pt 8位:8.7 pt 4位:15.4 pt

 

 

4位:北海道日本ハムファイターズ

 

合計:47.5 ポイント

観客動員数 調査機関 SNS登録者数
7位: 19.7 pt 5位:13.0 pt 5位:14.8 pt

 

 

3位:福岡ソフトバンクホークス

 

合計:62.2 ポイント

観客動員数 調査機関 SNS登録者数
3位: 26.5 pt 3位:18.6 pt 3位:17.1 pt

 

 

2位:阪神タイガース

 

合計:77.5 ポイント

観客動員数 調査機関 SNS登録者数
1位: 30.9 pt 2位:25.1 pt 2位:21.5 pt

 

 

1位:読売ジャイアンツ

 

合計:129.7 ポイント

観客動員数 調査機関 SNS登録者数
2位: 30.2 pt 1位:50.8 pt 1位:48.7 pt

 

 

まとめると

 

結果を見ると、世間の一般的なイメージと近しい順位かと思います。

ただしイメージというのは主観に大きく左右され、人によって大きな差が出るためこうして複数のデータをもとにデータとして数値化することが重要かと思います。

 

今回の結果を1つの表にまとめると以下のような結果です。

 

順位 球団名 人気度指標
1 読売ジャイアンツ 129.7
2 阪神タイガース 77.5
3 福岡ソフトバンクホークス 62.2
4 北海道日本ハムファイターズ 47.5
5 横浜DeNAベイスターズ 46.9
6 中日ドラゴンズ 46.4
7 広島東洋カープ 41.2
8 東京ヤクルトスワローズ 36.7
9 東北楽天ゴールデンイーグルス 35.8
10 埼玉西武ライオンズ 33.1
11 千葉ロッテマリーンズ 33.1
12 オリックスバファローズ 24.8

 

 

また、今回の結果をオールスターのようにセ・リーグとパ・リーグで分けて合計した場合以下のような数値です。

 

セ・リーグ:378.4 pt

パ・リーグ:239.8 pt

 

今回は球団別の人気度をランキング化しましたが、個人的に重要だと思っているのはそもそもの野球人気です。

観客動員数は右肩上がりですが、同時にローカルコンテンツ化が進み興味がある人と興味がない人の二極化が進んでいます。

 

市場のパイが減ってくると、結局は12球団の中でパイを奪い合うだけとなり将来的に不毛の地と化してしまいます。

そうならないためにも、球団にかかわらず野球ファンを日本はもとより国外などで開拓していくことが重要だと考えています。

 

データ参照元

 

観客動員数出典元(NPB公式サイト)

https://npb.jp/statistics/

 

調査機関出典元(中央調査社、ビデオリサーチ)

https://www.crs.or.jp/data/pdf/sports20.pdf

https://vropencafe.video-research.jp/figures/figureofmonth-15.html

 

YouTube登録者数(各球団公式YouTubeサイト 2021/9/1時点)

https://www.youtube.com/channel/UCXxg0igSYUp0tqdd6luPEnQ/videos

https://www.youtube.com/channel/UChJI9KrjSgPzv_kfX6yuqhA/videos

https://www.youtube.com/channel/UCqm35j3ustKFyXQVnX5tlXw

https://www.youtube.com/channel/UC7DjQdai62xSVfCUhiP5Oiw

https://www.youtube.com/channel/UCt7cNctKXoKece38M9gJV7A/videos

https://www.youtube.com/channel/UC57LcTUKgjDg_K_VJXnmCTg/videos

https://www.youtube.com/channel/UC0VGvOEN22JcprH7pZrCwiw/videos

https://www.youtube.com/channel/UCbDAmhyRx9bakv-0Gucglgg/videos

https://www.youtube.com/channel/UCIEmSQYznT9cuTZzBN-x3SQ/videos

https://www.youtube.com/channel/UC6qnjAoknKc6nUwhxVYL_DA/videos

https://www.youtube.com/channel/UChLK3zS3-kR21JVTaNovPIg/videos

https://www.youtube.com/channel/UCE_pCd9bB79Tf8eC_QZHkpA/videos


The following two tabs change content below.
デジタルマーケティングまわりを得意としています。主な職務経歴は、Twitter、Instagram、Facebookなどソーシャルデータを中心としたビッグデータ分析、オンライン英会話事業の立ち上げと運営、SNS広告運用、SEO事業など。お問い合わせ、ご依頼などは以下のページをご覧ください http://fukuemon.me/about-me/

 - 未来日記

follow us in feedly
Facebookコメント

  関連記事

「頭が良い」と褒めると、頭が良い子に育たない理由

頭が良い子に育って欲しいのなら「頭が良いね」と褒めてはいけない スタンフォード大 …

business_email
すぐ使える!「ビジネスメール」例文、書き方、マナーのまとめ

例文 挨拶の定型句 ・いつもお世話になっております。 ・平素よりご愛願頂き、感謝 …

docomopayment
携帯料金が「1円」だけ値下げされた理由

まずはこちらを御覧ください。   2015年1月分の請求料金が1円安く …

funasshi-april-fool
【2015】エイプリルフールの個人的に面白かったネタサイトまとめ

  旅行サイト「エクスペディア」がついにタイムトラベルツアーを提供開始 …

au学割
【速報】au学割2015が発表! 最大月額2,910円割引

年齢制限なし! 学生なら50歳でも加入出来る! 本日2015年1月19日(月)に …

goto-coupon
#GoToトラベル 「地域共通クーポン」 利用してわかった公式サイトに書かれていない注意点

The following two tabs change content be …

国立新美術館2
【レポ】「ルーヴル美術館展」 本日から国立新美術館で開催してるので行ってきた

六本木アート・トライアングルの筆頭、「国立新美術館」 本日2015年2月21日か …

【プロ野球】セ・リーグ全本拠地球場の現地観戦をA〜Dで項目別に評価

The following two tabs change content be …

amazon student 3
【卒業前に!】社会人でも使えるお得な学割

社会人でも学割は使える 「学生割引」(以下、学割)は、若者だけのものではなく50 …

日本のクリスマスは正月と近くて時期が悪い! 2月に移動しよう!

クリスマスケーキ売り場が翌日から鏡餅売り場になる異様さ   ↓12月2 …